人生つれづれ

つまらんこともそうじゃないことも、これすべて雑記的。
人生つれづれ TOP  >  2013年06月
月別アーカイブ  [ 2013年06月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏目友人帳

夏目友人帳 16夏目友人帳 16
(2013/07/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る


はいはい。オタクさんが通りますよ!
とはいえ、これも前の「ちはやふる」と同じでオタクだわと見られたくない、そんな作品です。
いやまあ、オタク作品で見てくれなんて作者の方はそういらっしゃらないとは思うのですけども。

「夏目友人帳」でございます。
私とこの作品の出会いは、やはりアニメでした。去年の年末、CSで一挙放送をやっていたのです。前から興味のある作品だったので、録画して正月の暇な時にでも少しずつ見るか~と思ってたのですが、一日で一気に観てしまいました……。
いやもう泣いたね!外は正月のめでたい雰囲気なのに、ひとり部屋で号泣ですよ。

主人公の夏目少年は、普通の人では見えない「人ならざるモノ」が見えてしまう。そのため、子供の頃から奇異の目で見られ、両親のいない夏目は引き取られた先でも孤独だった。という、なんとも哀しい生い立ちです。
物語は夏目が高校生になってからのことなので、子供の頃の生活は主に回想シーンなのですが、それなくしてこのお話は語れないのです。
どうやら同じ能力を持っていた祖母、レイコ。その祖母の残した夏目友人帳なるものを手にした時から夏目の周りには更に奇っ怪な出来事が。

と、まあ短くかいつまんだらこんな感じです。
よくある妖怪退治ものかなと思っていたのですが、キャッチコピーにもある「いちばん切ない妖怪奇譚」とある通りですね、せつねーんだなあこれが!
妖怪、人間、どちらの味方でもなく敵でもない夏目ですが、その異なる種に関わることで私たちも二つの世界を違う視点で見ることが出来る、そんな気がします。
妖怪も切ない、人間もまた切ない。
あ、夏目少年も優しい家族、友人たちに出会い、幸せではあるんですよ。

実は私が観たのはアニメシリーズの弐だったらしく、その年末にも前日に壱を次の日に参をやっていたようです・・・。気づかんかったあああああ!
これはもうレンタルするしかないと思っていたら友人がコミックスを全巻持っていると聞いて、さっそく貸してくれと強要(笑)
いやもう、コミックスも泣けるぜ・・・。
泣くだけじゃなくて可笑しかったり感心したり。作者の方が本当に大切に描いてるなあって思います。

本当は1巻を飾りたかったのに↑1巻の画像には帯とかついてんだもんな・・・なので最新刊の16巻です。私もまだ読んでない。
アニメも原作もどちらも素敵です。ちょっと夏目の性格違うかな~とは思いますが、私はどっちも好きですね。原作の方がオトコマエ(笑)

スポンサーサイト
[ 2013年06月12日 21:13 ] カテゴリ:日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

かんたろ

Author:かんたろ
萌えと妄想と時々現実。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。