人生つれづれ

つまらんこともそうじゃないことも、これすべて雑記的。
人生つれづれ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ漫画 >  今年最後。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年最後。

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)宇宙兄弟(1) (モーニングKC)
(2012/09/28)
小山宙哉

商品詳細を見る


いやはや。ご無沙汰過ぎて申し訳ない。更新頑張るってどの口が言ったのかね。
ゴメン。

今年はこれが最後の更新です。あんま書けなかったけど来てくれた方どうもありがとうございました。来年もボチボチ書いていこうと思いますが、来年早々仕事激忙らしいです。もうネガ的な(笑)

そんな私の最後のネタは「宇宙兄弟」です。
いやもう自分でもびっくりだわ。アニメも見てなかったし、読む機会もないだろうと思ってたんですけどね。
この作品を大好きな友人がいまして、その話を聞いても読む見るとか想像もしてなかったけどふと降りてきた読破のチャンス。

めっさ夢中になって読みました。いやいやこれ人気出るのわかるわ。
なんつーのか、男の子の夢とロマンが詰まってる。宇宙飛行士になるんだって夢をかなえるためにはどうすればいいのか、何をすればいいのか。もちろん私も初めて知りましたよ。
男の子の夢と言いましたが、小さいころにそんな夢を持っていたお兄さんお父さんおじいさんがターゲットでしょう。だからこそモーニング連載。
夢に向かうことは順風満帆ではなく苦悩も挫折もあって、努力や忍耐が必要だと言葉にすれば簡単に済んでしまうような教訓がストーリーの中にはちりばめられています。
順調に宇宙飛行士として夢を突き進んでいくはずの弟に起きた波乱。そこに追いつこうとする兄。二人が持つ頂点の夢を叶えるため、それぞれが大きな壁に立ち向かう!
同じ夢を追いかける兄弟だけど、その道筋は全く違っていて、でもきっと着地点は一緒。兄弟っていいな!

知りようもない宇宙飛行士という職業の、いろんなことが知れるのも面白いです。宇宙飛行士にもいろいろあるんですよね。宇宙飛行士の映画とか見たら違う目線で観てしまう、絶対。


今年は例年になくアニメ観て漫画を読んだ気がします。
夢中になって観たアニメ№1は「黒子のバスケ」かな。しかし終わって残念だと思ったのは「ぎんぎつね」ですかね。でも「氷菓」以上のキタコレな作品はなかった。
「ちはやふる」原作が読めたのが嬉しかった。これも夢中で読みましたよ。やっぱり太一が一番好きだ。
来年もよいオタクでありますように。


オカダ女子。
拍手を毎回本当にありがとでし。返事せずにごめんなさい。前回何を書いたかなんてもう憶えてねえよコノヤローと言われるのを承知で。
ぎんぎつねぜひ見てね!(もう終わったけど)
今年も楽しいブログ読ませてもらいやした。来年も期待してます~。
進撃は結局来年に持越しです・・・。

スポンサーサイト
[ 2013年12月29日 21:17 ] カテゴリ:アニメ漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かんたろ

Author:かんたろ
萌えと妄想と時々現実。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。