人生つれづれ

つまらんこともそうじゃないことも、これすべて雑記的。
人生つれづれ TOP  >  スポンサー広告 >  キャラクター >  「いつかおまえをもらいにいく」「オレ以外の男好きなんて言うな」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「いつかおまえをもらいにいく」「オレ以外の男好きなんて言うな」

物心ついた時にはもう漫画読んでた私。そこから全く読まなくなることはなく、やっぱり今でも漫画読んでる。
そんな私が、今でもテンション上がるキャラクターなんてものを語ろうかと。語るっていうか叫ぶ。この人好きーーー!みたいなね。なんつかもう勝手いうけどゴメン、そんなカテゴリで「キャラクター」なんてものを追加してみた。
今日は永遠の私の王子さま(達)です。

真壁俊


「ときめきトゥナイト」真壁俊くんですvvvv まかべくーーーーん!
おそらく私がドハマリした最初のキャラクターじゃないかと。
もーとにかくかっこいい! クールで寡黙で強くてそりゃもう蘭世でなくても惚れてまうやろ!
最初はラブコメだったこの漫画は、後半切ないラブストーリーと変化。主人公の蘭世が好きなのは真壁くん。彼は最初全く見向きもしなかったけど、蘭世のこと好きになっていくのが読んでてもわかるんですよ。
でもなかなか自分の気持ち伝えられなくてね…。それでも蘭世のことを大切に思っていることがわかるシーンはたくさん出てくる。蘭世の知らないところでですよ!そこがもどかしい!かっこいい!
このセリフ…泣くわ。画像があって狂喜乱舞した。こんなん目の前で言われたら私なら倒れる。
ちょっと前に「私が結婚できないのは真壁俊のせいだ」というネットの記事があったんだけど、なんか納得(笑)
真壁くんを理想の男性にすると無理だね。その記事の締めくくりは「99%妄想だけど1%は真実」でした。
はぁぁぁぁぁ、真壁くんかっこいいなちくしょー。


入江直樹

もう一人の王子様「イタズラなキス」の入江直樹くんだ! いーりーえーくーーーーんvvvv
なにもかも完璧な男、入江直樹くんを好きになった琴子。まったく相手にされないのに諦めずずっと追いかけて追いかけて。ついに思いが叶ったシーンでのセリフ。
いーりーえーくーーーーん!!
いやいやいや、かっこいい! かっこよすぎてヨダレでるわ!
入江くんはお見合いして結婚が決まりかけてたんですよ。それで琴子は諦めて琴子のことずっと好きだった人と結婚することになって、そこで初めて入江くんが気持ちに気づいた。
勝手じゃん!結婚しようとしたのはそっちなのに!いまになってそんなこと言うとか…言うとか……。

入江直樹ならすべて許す!(≧▽≦)

確か「おまえはオレのこと好きでいればいいんだ」みたいなセリフもあって、これも好きなんだよな~。
ちょっとS寄りで、琴子が自分のことを好きなのわかりきってるから意地悪するんだけど、すごく優しい。二人きりの時はさらに優しい。頑張ってる琴子を支えて導いてあげるなんて、理想ですよ。王子様ですって!
うわーん、かっこよすぎて泣きそう……。


子供の時は真壁くんの方が好きだった。
けども大人になるにつれて入江くんのツンな部分が…Sな部分がですね、たまらなくなってくるのですよ。
私のS好きの原点なのかもしれません。
でも二人とも私の永遠の王子様には違いない。いくつになっても王子様は必要なのだ、女子としては。


こんな感じで好きキャラについて勝手に叫びます。間に他のネタ挟むかもしれませんがあと数回ある予定。
しかし次回からはちょっと毛色かわります。こんな純愛路線じゃありません(笑)
結局オタクな私なので、叫びの種類が変わるかと思います。
スポンサーサイト
[ 2014年11月01日 21:46 ] カテゴリ:キャラクター | TB(0) | CM(4)
うおっ、キャラクター語りおもろいっすな! キャラクターカテゴリ、めっちゃイイ!
数回と言わず末永く続けて欲しいです!

私の初恋の王子様キャラは、『星の瞳のシルエット』の久住くんでしたなー。
他にキャラ萌えしたんは、あの人とあの人と……て微妙にかぶってたらヤヴァイから伏せておくけどもww
今後どんなキャラが出てくるか、めっちゃ楽しみにしてますわー!
[ 2014/11/01 22:09 ] [ 編集 ]
オカダ女史

「星の瞳のシルエット」かー。ばっちり読んだことないので久住くんがどんな彼なのかわからんのだけど、きっとかっこいいんだろうな、だってりぼんだもの。集英社だもの。真壁くんと入江くんと同じなんだもの(*´▽`*)

キャラクターカテゴリ、今考えてるのは4キャラぐらいだけど、ぼちぼちそのたびに萌えキャラ出てきたらやってみようかな、という気になりました。単純だからね。
しかしどこにボーダーラインを引くかが問題だなあ。どこから「テンション上がる」ほどの萌えなのか難しいところ。
でも深く考えることは苦手なので文字通りその時のテンションでやっていきます(笑)

オカダ女史の萌えキャラ語りも見たいところだけど、微妙にかぶってそう。確実に一人かぶってる気がする。

[ 2014/11/02 21:31 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/11/03 01:24 ] [ 編集 ]
あかんこ氏

池野さんは後半本当に絵が上手くなったよなー。線の書き方が好きだったんだ。
アロンって悪役だった? そんなイメージなかったんだけど…ただのヘタレだった気がしたんだ(笑)
死神とマフィア好きとはさすがあかんこ氏、ブレがないよ( *´艸`)
入江くんは理解していただけると思ってたっていうか、前に入江くんについて話してたね。Sはイイネ!
乙女ゲーはSキャラがどんどん主人公にハマっていくさまがたまらなくおもろいんですわ。そう考えたら私もSなのかしら…。

イベントも似たようなもんだと思うけど、あそこの人たちディスプレイまで凝りまくりやからハードル高いかなあ…一回出て様子を見るのも面白いんじゃないかと思うけど。

[ 2014/11/03 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かんたろ

Author:かんたろ
萌えと妄想と時々現実。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。