人生つれづれ

つまらんこともそうじゃないことも、これすべて雑記的。
人生つれづれ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ漫画 >  「鋼の錬金術師」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「鋼の錬金術師」

寒いっすね! 世間はすっかりクリスマスムードですが、ファミリーやカップルのための行事なんてものに目もくれず、久々のオタクネタいきます!

鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 (1) (ガンガンコミックス)
(2002/01)
荒川 弘

商品詳細を見る


(これから読むって方は激しくネタバレなのでご注意)
最後まで面白かった漫画と聞かれたら一番最初に頭に浮かぶ。通称ハガレンね、うん。
私は導入はアニメでした、例にもれず。ミーハーでゴメン。
アニメ始まって速攻コミックス一気に購入。当時は9巻まで。アニメは途中で嫌になって観なくなったけど、原作は最後まで読んだ。本当に面白かった。
一度も飽きなかった気がする。エルリック兄弟はずっと走っていて、私もそれに追いつくのに必死だった(笑)
「現実は残酷」なんてどこかで聞いたセリフはこの作品にも当てはまるんじゃないかと。時々胸の痛くなるような出来事が兄弟や周りの人に起きて、でもいい意味であっさりと受け入れることができた。あとを引かないっていうのかな。トラウマになるような描き方をされていなかった気がする。
ニーナの話は辛かったな。軍部もイシュヴァール人もホムンクルスもそれぞれの過去が深くて辛くて。
この話はどこまで広がるのか、どう収拾するのかと余計なお世話の心配もしましたよ。
最後も大団円ではあったけど、ハッピーなだけじゃなくどこかちゃんとした現実があった。
一番好きなのはヒューズさんだったんですよ。亡くなったときはまじ泣いた。あの死に方ってないよなー(;´Д`)
あとはリンが好きでしたね。ひょうひょうとしてるけど実はすごい人とかギャップに弱い。実はグリードが入った後のリンの方が好み(笑) 最初はグリードは何とも思ってなかったんだけど、リンに入る少し前ぐらいからちょっと好きでした。だって「強欲」っていうぐらいだからね。Sでしょ(笑) リンの、あの悪い顔がたまりません。
グリードの最期は泣いたなあ。もう号泣。多分ハガレン読んでた中で一番泣いたんじゃなかろか。(おっと、アニメでは諏訪部さんだったらしいですよ奥さん!)

実はここ最近読み返したくて、最初から一気に読みたい衝動が私を襲っているのですよ。
しかし、もう手放してしまって……。こういうことがあるから困る。
でも全27巻…うちにもうそんなスペースはもうないんだよ、パトラッシュ。
これってガンガンコミックスだったんだな。いい仕事するなガンガン!

完結した漫画について語るのもいいな。最後まで面白いって、そうないけどね。というか私がそんなに読んでないというか。


続きから拍手ありがとお返事!

>青猫先生!
気にしてくれてましたか! 経過を都度話してしまおうかと思ってたけど、ブログのために我慢してたよ(笑)ほんと、年末迎える前でよかったよかった。

>オカダ女史!
まさか杉浦太陽に食いついてくれるとは思ってもみなかった(笑) どうぞ好きなように味わってください。
水流すの気持ちいいよNE!シンク下ももちろんきれいになったのでなんとなく浮かれてしまってる。これで年末年始無事に料理できるわー、母親が。(え?私料理できませんけど?)

スポンサーサイト
[ 2014年12月04日 22:47 ] カテゴリ:アニメ漫画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かんたろ

Author:かんたろ
萌えと妄想と時々現実。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。