人生つれづれ

つまらんこともそうじゃないことも、これすべて雑記的。
人生つれづれ TOP  >  スポンサー広告 >  アニメ漫画 >  「どうしても触れたくない」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「どうしても触れたくない」

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
(2008/09/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る

ひさびさに泣いたわー。の、BLコミックです。
島(右)は転職した先の上司、外川(左)と関係を持ってしまうけれど、相手はノンケ。実は島は過去のトラウマでノンケとだけは恋をしないと決めていた。
というあらすじです。
いやこれ、せつないんだわー。外川がどんだけ自分の気持ちを分かってもらおうと思っても傷を持つ島はそれを受け入れられない。でも忘れられない。
正直これ、男女恋愛なら「こんな女やめちまえ」ってイラッとするところですよ(笑) めんどくさい女は嫌いなんで。
もっとも男女ものであればさっさと結婚して大団円なんだけどね!でもBLはそうはいかない、性別は最大の壁だったりするんですよ。考えてみればそこにロマンを見出してるのかもしれないわ私……。
あと、どっちががノンケってのも個人的に萌要素です。両方ノンケでもたまらんのだけどね。
実はドラマCDを聞いたのですよ。本を読みながらCDを聞くというオタなことをしたので余計に泣いたのかもしれない。声優さんってすげえなほんと。
読んでから2、3日どっぷり世界にハマっちゃいましてね…なかなか浮上できなかったですよ。ずっとこの作品のこと考えてたな…。挙句の果てに自分で続きまで考える始末(痛) 
あまりにも浸りすぎて、じ、実写映画まで観たさ(´・ω・`) いや、思ってたよりは大丈夫だったよ?二人の顔の大きさの差が気になったけど、大丈夫だったよ?

ヨネダコウさんは有名な作家さん、らしいです。私も2年前ぐらいかな知ったのは。なにしろ世間知らずなもので。
絵はすごい好みだなーって思ってたけど、なんか手が出なくて。
なんつかこう、裏の世界~的な作品が多いイメージで殺伐としてる感じがしたんだけど、そんなことなかった。リーマンだった。
書いてたらまた思い出して切なくなってきたー(´Д`) 他の作品も読みたいと思ってるけど、とりあえずコメディBL読んで自分を取り戻そうかな……(笑)

スポンサーサイト
[ 2015年02月08日 22:28 ] カテゴリ:アニメ漫画 | TB(0) | CM(8)
この本のスピンオフ、「それでもやさしい恋をする」も読むんだーー!
ヨネダコウさんはどの本もおもしろいよ!!!
裏の世界~的なBLも今描いてはるよ。
何回か本屋で「これオモろい」って言ったことがあるかも^0^
[ 2015/02/08 23:37 ] [ 編集 ]
先生!次はこれを読んだらええよと、そうご指南下さってるんですか!

「セブンデイス」全2巻読んだんですよ。先生の仰る通り……左右が全くわかりませんでした。でもその曖昧な感じが良かったです。2人の1週間の心の動きにワクワク出来て非常に面白かったすわ。もうちょいわかりやすいのもチャレンジしてみたい。ちょっとこの「どうしても触れたくない」行ってみようかな。

余談ですが、普段ワタシが漫画を読んでいても一切興味を示さない我が娘が、BL本を読んでいる時だけ食い入るように本を凝視してきました。天性の勘が働いたか娘よ。逸材現る。なんか凄い腐女子に育ちそうな気がするんだぜー。
[ 2015/02/09 20:24 ] [ 編集 ]
そうそう、それ!
「それでも~」も気になってたんよねー。そうか、スピンオフなのか、それは是非とも読まなくては。
あの同僚の人の話なんかな~。小野田さんだったか。
裏の世界的なやつ、もしかしてあかんこ氏から2巻まで貸してもらったやつかな。あれも続き気になるわ~。設定は殺伐としてたけど(笑)

[ 2015/02/09 22:06 ] [ 編集 ]
「セブンデイズ」大丈夫でしたか、そうか、安心した(*´▽`*)
そう、この「どうしても触れたくない」もオカダ女史はどうだろうか…と思いながら書いたよ。「セブンデイズ」がどうだったかわからんかったので次の段階を勧めていいものやらと思っとりました……。
でもぜひ読んでもらいたい!ここまで世界から抜け出せない漫画は久しぶりですよ私。とにかく外川が大好きでーーーー!
描写はあるけど、まあ大丈夫な範囲だと思う(笑) それよりも話とか雰囲気とかそういうところに想いをはせる作品じゃないかなと思いまする。

ところで天性の才を持った娘さん、将来が楽しみでしょうがありません。腐女子大歓迎。わからないことがあったらおばちゃんに相談しなさい。私の知識の限り応えましょう。ます最初に言っておくことは、

「オタクはお金かかるんだぜ」

ですよ。
[ 2015/02/09 22:16 ] [ 編集 ]
師匠師匠!
「どうしても触れたくない」読了しましたぜ。
なんか、なんか、深かったっす……。
男同士だと家族になれない、とか、子供は無理、とか……おそらくBLの世界では「そういう部分に触れるのはナシにしようぜ野暮だな…」っていう大基礎問題に、ずばーっとメスを入れている。これはBL入門には非常に優良な作品だと思いました。この大前提があるから、完全に男×女の恋愛モノより切ない、痛い、越えられない壁!いや、凄いなと。不毛だと知りながらも惹かれていってしまうというのがね。めっちゃ胸が痛かったです。登場人物も多くなくてストーリーがしっかりしてて、シンプルに良かった。嶋くんが勇気を出して電話するとこでくぅって堪らず涙が。
切ない系、いいっすな。切ないBL開拓したくなりましたよ!
[ 2015/03/03 22:03 ] [ 編集 ]
おかだ女史へ
そうっすか、「どうしても触れたくない」大丈夫でしたか。大丈夫どころか気に入ってもらえたようで、そう言ってもらえたら一安心ですわ。
深いよねー。問題は大きいし深いんだけどそれを読ませる作家さんの技量。いんやスバラシイ!
「触れるのナシにしようぜ」的な作品も多いけどね(*´▽`*)
そう言えば何度か読み返したら、嶋くんよりも外川さんの方がトラウマが深いんだよな、多分。その過去が外川さんよりも嶋くんを覆ってしまうところがたまらんじゃないの!と、また世界から帰ってこれなかった最近の私ですよ(笑)
クライマックスに向けての嶋くんのがんばりとかそれに対する外川さんの「ありがとう」とか胸がキュウってなるよね!タバコを見て泣くところも大好きなんだ。ああ、語れるって嬉しいな!
私もこの作品で切ない系に目覚めました。今までコメディなものがメインだったけど、切ないもいいよね…。
ところで「抱かれたい男1位に脅されています」ですが、初心者にはちょっと「おお…」と思うほどの描写があります。オカダ女史も大人なので大丈夫だとは思うけど、ちょっとすごいよ。ぽちっとしなくても貸しますよ。というか私が持ってるものドーンと送り付けたいぐらいです(笑)
年下左いいよ!大好物だよ!いろんなパターンぜひ読んでほしい。

[ 2015/03/03 23:07 ] [ 編集 ]
しつこくして申し訳ない。いやいや、師匠が「世界から帰ってこれない」って言うてる意味がだんだん分かってきた気がする。自分も何回か世界を行ったり来たり漂ってます。
再読すればするほどなんか、沁みる……感じ入る部分が増えてくるのが面白いすなあ。
ふわっと先日読み返した時には外川さんの「俺に過去を恨めっていうのか」に胸ぎゅーーってきましたな。

岡田大人やけどBL界では初心者のお子様同然なので、「おお…」ってなるほど直接的な描写はまだ時期尚早やも知れませぬな。「抱かれたい~」は様子見するか。
師匠のコレクション貸して欲しいわー!
[ 2015/03/09 19:33 ] [ 編集 ]
Re: オカダ女史へ
> いやいや語り大歓迎ですよ!いっそもっと語ってよって欲求は留まる事を知らない狩人の私です。
> ふふふ、理解していただけましたか。そうなのよ、ふと気づけばあの作品のことを考えてしまうんだよ。
> おっしゃる通り読めば読むほどわかるというか「あ、これって…」って思うこと増えるんだよね。
> 前回オカダ女史への返信を書いては読み返し、今回もきっとまた読み返す(笑)いいかげんページ割れすんでアンタ……。(そしたらまた買う(;^ω^))
> オカダ女史の大人の階段はどの程度なのかしら。実は私よりの遙か上にいたら爆笑だけどね。
> 「どうしても~」はギリセーフなのかしら、それともまだまだ余裕なのかしら。それとも「え?なにかあった?」ぐらいなのかしら。
> 「抱かれたい~」もぜひ読んでほしいけどね!私の本でよかったらマジで貸すよ~。多くないコレクションだけど(*´ω`)
[ 2015/03/10 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

かんたろ

Author:かんたろ
萌えと妄想と時々現実。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。